• HOME
  • 社会保険労務士とは

社会保険労務士とは

社会保険労務士とは、昭和43年に制定された人事・労務・社会保険や労働に関する法律を専門的に扱う唯一の国家資格であり、これらの法令や取り扱いに精通し、企業内の人事や労務に関し、法律や労務管理の知識を駆使して指導を行なうことができる専門家です。

社会保険労務士の主な仕事

社会保険労務は、50以上の労働・社会保険諸法令に基づいて、行政機関に提出する書類や申請書等を依頼者に代わって作成する事務及び提出代行または事務代理をはじめ、備え付け帳簿、書類等の作成などの仕事も行なっています。また、社会保険労務士は、人事・労務管理コンサルタントとしても活躍しています。

  • 事務代理・代行

    行政機関に提出する書類等の作成及び事務手続

  • 規程、帳簿作成

    諸規程・帳簿等の書類の作成・提出

  • あっせん代理

    あっせん代理業務

  • コンサルティング

    相談・指導・企画

特定社会保険労務士とは

社会保険労務士の中で「紛争解決手続代理業務試験」に合格し。厚生労働大臣から紛争解決の代理業務を行うことが公的に認められた者です。

  • 個別労働関係紛争解決促進法に基づき都道府県労働局が行なうあっせんの手続の代理
  • 男女雇用機会均等法、育児介護休業法及びパートタイム労働法に基づき都道府県労働局が行なう調停の手続の代理
  • 個別労働関係紛争について都道府県労働委員会が行なうあっせんの手続の代理
  • 個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行なうADRの代理

※上記代理業務には、依頼者の相手方との和解のための交渉及び和解契約の締結の代理も含みます。
※ADRは、Alternative Dispute Resolution「裁判外紛争解決」と呼ばれています。