就業規則、人事労務、社会保険や給与計算なら社会保険労務士事務所の私たちにお任せください。【大阪】【梅田】

社労士ブログ

<< 関空頼み | 年休5日の時季指定義務 >>

築地市場

2018.10.06 Saturday
 83年の歴史を持つ東京の築地市場が閉場します。食の中核市場は、この11日に開く豊洲市場へと引き継がれることになります。
 築地市場は、1935年(昭和10年)に開場。全国からえりすぐりの生鮮食品を集め、水産で1日1500トン規模の取扱量は国内最大級。「築地ブランド」は世界が注目し外国人観光客にも人気でした。
 一方で老朽化や物流の増加に対応できず、2001年に移転が決まってから17年。工場跡地だったため土壌汚染対策が欠かせず、大規模な対策工事を施し、開場まで3ヶ月に迫った16年8月、突然の開場延期。築地残留か豊洲移転かの議論も過熱しましたが、結局、追加対策を実施したうえでのこの度の閉場、移転です。
 片や、市場に寄り添うように発展した築地場外市場は、現在の場所に残って営業を続けます。生鮮・加工食品や飲食店など数百の商店が並ぶ場外市場は、今、多くの観光客が訪れる人気スポットになっています。変わりゆく築地で変わらぬ魅力を維持するにはそれなりの工夫が必要です。「築地ブランド」を引き継ぎ、賑わいを保てるか。築地は大きな転換点を迎えています。(岡本)
comments (0)trackbacks (0)

コメント

コメントする

Trackbacks