就業規則、人事労務、社会保険や給与計算なら社会保険労務士事務所の私たちにお任せください。【大阪】【梅田】

社労士ブログ

<< 育児休業給付金申請について | 愛しのバール >>

人生100年

2017.10.21 Saturday
 厚生労働省によると、2016年の日本人の平均寿命は女性87歳、男性80歳。女性は4年連続、男性は5年連続で過去最高を更新しました。女性は4人に一人が95歳まで、男性は4人に一人が90歳まで生きる。
 100歳まで生きる人ももう珍しいことではありません。統計を取り始めた1963年にはわずか153人でしたが、17年は6万8千人。推計では50年には50万人を超えるといいます。また、14年に生まれた子供の半数は109歳まで生きるとの推計もあります。だんだんと現実味を帯びてきた「人生100年時代」を見据え、消費者ニーズを探る動きが出てきています。
 生命保険の終身年金では死亡時の保険金や解約時の返戻金は少ないものの、生きている間は多めの年金をもらえる商品が人気を呼んでいます。長生きリスクに備えた保険です。大学のビジネススクールでは最先端のビジネスを学ぶ会員制のラウンジを開いたところもあります。人生が長くなり仕事をしながら学び直す需要が高まっています。 自治体でもこれに応えて、神奈川県は、「人生100歳時代の設計図」でセミナーやシンポジウムを開催し、中高年の起業を後押ししています。
 超長寿が当たり前になれば求める商品やサービスも大きく変わります。そんな変化をにらんだ事業シフトの模索が始まっています。(岡本)
comments (0)trackbacks (0)

コメント

コメントする

Trackbacks