就業規則、人事労務、社会保険や給与計算なら社会保険労務士事務所の私たちにお任せください。【大阪】【梅田】

社労士ブログ

<< 改正育児・介護休業法 | 日本バトミントン >>

老齢年金

2017.09.19 Tuesday
おはようございます。

8月1日に年金の受給資格期間が

 25年 ⇒ 10年

へ改正されました。

これによって年金をもらえなかった人が
受給権を取得し、
年金をもらえるようになりました。

ちなみに、
8月1日付けで対象になった人の最初の振込日は10月です。


しかし、
遺族年金はこれまで同様に
25年必要となりますので、ご注意ください。


この10年への短縮は、
もともと消費税を10%にし、それを財源に支給する予定でした。
が、
経済は低迷のままで、消費税は現状8%ですので、
財源を確保できないままスタートしました。

今後どうなっていくのでしょうか。

これ以上、支える側の負担を減らすためにも、
年金未払いの方、
年金の支払いをしてくださいね。


澤井
comments (0)trackbacks (0)

コメント

コメントする

Trackbacks